>

様々な角度から撮影する

威圧感を相手に与えたい時

相手に威圧感を与えたい時は、下から撮影するのが良い方法です。
すると撮影している被写体が大きく見えるので、威圧感を与えることに繋がります。
正面から撮影していると、迫力が無いのでおもしろくありません。
怒られている人を撮影する時に、この方法を使うのが良い方法です。
怒られている側を、上から見下ろすように撮影してください。

威圧感を与えて迫力を出すことで、見ている人を引き付けることができます。
プロが撮影している映像を見ると、様々な角度から撮っていることが分かります。
勉強して、プロのマネをしてください。
初心者はどのように撮影すれば良いか分からないでしょうから、とりあえずプロのマネをしてみることで、レベルアップできます。

撮影の計画を考えよう

どのシーンで、どのアングルから撮影すれば良いのか、事前に決めておきましょう。
アングルを決めながら撮影することは難しいです。
プロは慣れているので、撮影しながらでも良い角度をすぐに見つけることができるでしょう。
ですが初心者は、撮影しながらではなかなか良い角度が見つからず、時間が掛かってしまいます。
撮影のできる時間は、無制限ではありません。

時間が決まっているでしょうから、時間内に全て撮影できるように前もって計画を考えてください。
シーンにふさわしいアングルを知っていれば、計画を簡単に組み立てることができます。
人を綺麗に撮影したい場合は、斜め上から撮ると小顔に見えるのでおすすめです。
そのような知識を知っておきましょう。


この記事をシェアする