>

プロのように撮影するために

手元を意識しよう

動かないでことが、最も重要です。
これから動画を撮影する人は、動かないことを意識してください。
初心者の中には、自分が動いていろいろな風景を撮影したいと思っている人がいるでしょう。
ですが撮影した後の動画を見直すと、画面が揺れて何が映っているのか分からなくなっていることに気付くと思います。
上手く動画を撮影したいなら、きちんと静止してください。

右利きの人は、右手にカメラを持って、左手で右手首を抑えてください。
すると、揺れを抑えることができます。
どのような被写体が映っているのか、相手に伝わるように撮影しましょう。
いろんな風景を撮りたい場合は、撮影して移動して、また止まって撮影することを繰り返してください。

三脚を使ってみよう

どうしても手が動いてしまう人は、三脚を使ってください。
三脚にカメラを載せると、手で持っているより動きません。
家電量販店に行くと、カメラを扱っているコーナーで見つかると思います。
初心者は手元が動くことが多いので、なかなか撮影が進まないでしょう。
三脚があった方が便利です。
カメラを固定して、左右に動かすことができます。

周囲の風景を撮影したい時にも、三脚を使うのがおすすめです。
そこまで高額ではないので、購入しておきましょう。
今回の撮影では三脚を使わなくても、次回の撮影の時に使用するかもしれません。
三脚を持っていると、撮影できるものの範囲が広がります。
仕事でいろんなものを撮影するかもしれないので、用意しましょう。


この記事をシェアする