プロっぽい映像を撮るコツ

上手く映像を撮影しよう

動かないことが重要

撮影する時は、動かないことが重要です。
手元が動くと、何の映像なのか分からなくなります。
汚い映像は、見ている人が興味を持たないので、まずは動かないで撮影する意識を持ってください。
会社で商品を開発する場合は、動画を作って宣伝すると思います。
上手く動画を撮影して、お客さんの心を掴んでください。
他にも、コツがあります。
長い動画は、お客さんに好まれません。
短めに作ることを意識すると、プロが撮影したように見えます。
時間が短いので、何を撮影すれば良いのか厳選してください。

同じ角度から撮影するだけでは、興味が次第に薄れます。
最後間まで動画を見てもらうためには、角度を変えてください。
角度を変えると、斬新に見えます。
場面によってふさわしい角度があるので、上手く撮影してください。
撮影を盛り上げるためには、BGMも重要です。
無音では、おもしろくありません。
著作権がない音楽は、自由に使用することができます。
長いメロディーから、電車の音や学校のチャイムなどさまざまなBGMがあります。

その場の雰囲気に合っているBGMを用意しましょう。
撮影する機材や、音楽を追加するソフトは初心者向けのもので構いません。
プロが使っている本格的なものでないと、上手く撮影できないと思っている人が多いでしょう。
しかし機材だけ良いものを揃えても、扱う人の知識や腕前が悪いと綺麗な動画は撮影できません。
初心者向けの機材は扱いやすいので、慣れれば誰でもプロのような動画を撮れます。

プロのように撮影するために

綺麗に撮影したい場合は、動かないことが重要です。 歩きながら撮影する人がたまに見られますが、おすすめできません。 手元が動かないように歩くのは、非常に難しいです。 慣れるまでは、動かないで撮影に集中しましょう。 三脚を使って、そこにカメラを置く方法も良いですね。

様々な角度から撮影する

同じ角度からばかり撮影していると、おもしろくない動画になってしまいます。 角度を変えることで、様々な効果を演出できます。 この場面ではどんな角度にすれば良いのかなど、細かく決めてください。 良い角度が分からなかったら、とりあえず撮影してみるのがおすすめです。

雰囲気を盛り上げる効果

音楽があることで、その場の雰囲気を盛り上げることができます。 プロのような動画を撮影する時は、BGMにもこだわってください。 暗い雰囲気の時に、明るいBGMを流さないように気を付けましょう。 また音楽には、著作権があります。 著作権フリーの曲を探しましょう。

おすすめリンク

プロの動画制作は一味違う!

動画制作をプロに頼む際の費用やメリットをあらかじめ知っておきませんか?利用者の声も載ってます!